遠藤隆介のプロフィール

ご挨拶

当事務所のホームぺージにご訪問ありがとうございます。

滋賀県草津市の税理士 遠藤隆介です。

私は地元の静岡市(旧清水市)で2年半の金融機関勤務、11年半の税理士事務所勤務を

経て、2019年4月に滋賀県草津市で開業いたしました。

会社勤務から離れ独立開業に至ったきっかけは、滋賀県草津市で新生活を始めることになったことです。

そして知らない土地で新生活をはじめるにあたり、

「もっと自分が思った通り、自由にのびのび生きてみたい。」

そのように思い独立開業という道を選びました。

 

独立をするにあたり、

「納税者の方と同じ感覚、同じ目線、同じ立ち位置での直接サービス提供したい。」

「平日に時間がない会社員の方にも、ゆっくり説明をし、ご自身でじっくり考えて決断して

 もらいたい。」

「納税者自身で経理、申告、判断ができるようサポートしたい。」

そんな思いを抱いています。

 

11年半の税理士業界を通し、このような声をいだだいました。

「税理士や会計事務所職員として日々仕事をしていると、納税者目線を忘れてしまう。」

「会社員は平日に時間が取れず、税金についてじっくり考え相談できる時間がない。」

「副業を始めたけれど申告について知識がなく、税理士に申告を依頼した結果、高額な報酬が発生した。」

「フリーランスにとって、仕事は人生そのもの。毎日仕事があり、税金や経理までじっくり考えられない。」

 

僕は税理士の大切な仕事として、

「納税者自身が税の体系や仕組みを理解し、納得した上で申告納税をしていただくこと」

だと考えています。

その為には、いわゆる「一般的な感覚」は欠かすことが出来ません。

 

これらの実現の為、日々ブログやHPを通し、税務関係だけにとらわれない情報収集や発信に努めています。

また納税者の方と限り同じ目線、同じ感覚であることを心がけています。

その為には、「遠藤」と呼び捨てでも構いません。

難しい用語は用いず、緊張感がある堅苦しいスーツの着用は可能な限り避けています。

 

そして税理士がいなくても自身の経理や申告について、納税者自身が考える事ができるよう、

「脱・税理士」を目指します。

 

お客様1人1人と血が通った真心を込めた税務を実践したいと考えています。

税理士 遠藤 隆介

自己紹介

僕のモットーは、「人間は皆、人それぞれ」。

考え方や感じ方、そして生き方さえも、人それぞれ。

 

人間誰しも自分が思った生き方をする権利があります。

その代償として、誰も他人の生き方を批判する権利などありません。

 

誰もがその人それぞれの生き方を認め合い、尊重し合うことこそ、

今の時代に求められる、本当の多様性だと確信しています。

 

多少の事は笑って済ませて、自由に伸び伸び生きていきます。

 

当ホームページは仕事用サイトの為、経歴についてはやや堅めに掲載しています。

より詳細に、スローでゆるいプロフィールは、私の毎日ブログからご覧ください。

 

僕のプロフィール

 

元サラリーマン税理士の独立開業ブログ

 

税理士になった理由 ・ 静岡県から滋賀県に転居した理由

私が税理士になった理由は、税理士資格取得の勉強がぴったりだったからです。

私は子供の時から、1人で過ごす事が好きな人間でした。

1人で計画して街へ行き、1人で県外や海外へ行ってみたり。

1人で考えて道筋を立て、コツコツと答えを導き出す事が好きでした。

税理士試験の勉強は、1人が好きでコツコツタイプの私に非常にマッチしていました。

 

1人が好きというと、暗くてマイナスのイメージがあります。

しかし、1人が好きであり、決して1人で居ることが平気ではありません。

 

住み慣れた静岡県から滋賀県へ引っ越した理由は、好きな人と一緒に生きていく為です。

顧客ゼロ、知り合いもゼロ、全く馴染みにない滋賀県で開業する事は、リスクが高く、

そしてマイナスのスタートからです。

 

職業柄、自分が非常に険しい選択をした事は理解しています。

また実家は地元で畳屋を営んでおり、子供の頃から父親をみている為、

商売がの大変さという事は、十分身に染みています。

 

しかし、自分にとって最大のリスクとは、自然災害や不慮の事故、突然の病気により、

大好きな人に2度と会うことができない事でした。

それが現実となれば、私は大きな後悔をすることになります。

そのリスクを考えれば、ハイリスク&マイナスのスタートなど、私にとって取るに足らない事でした。

僕の略歴

ここでは大まかな経歴を記載します。

詳しくは、私の個人ブログを参照してください。

 年 / 月内容
1982/10静岡県静岡市(旧清水市)の畳屋にて生まれる
2001/04静岡大学人文学部経済学科に入学
2005/04静清信用金庫 下野支店に配属
 法人及び個人融資全般、相続対策物件融資、住宅ローン、投資信託や保険販売に従事
2007/10静岡市の税理士事務所へ転職
 記帳代行や自計化など税理士業務の最も基礎となる部分を学ぶ
2010/09静岡市の税理士事務所へ転職(2件目の税理士事務所)
 大法人の子会社決算、中小法人の清算・組織再編、グループ法人税制、個人の副業に従事
2012/12第62回税理士試験 合格 【第50327号】
2015/021級ファイナンシャルプランニング技能士 合格
2016/07日本英語検定2級 合格
 リスニングが苦手な為、準1級に合格できず。読み書き会話は得意です。
2017/12税理士登録 【登録番号137241号】
2019/04静岡市を離れ滋賀県草津市にて独立開業

僕の経歴詳細

1982年(出生)~2005年(大学卒業)まで

・1982年10月 静岡市(旧清水市)の畳屋にて出生。(兄弟は姉が1人)

・読書や絵を書いたり1人でいる事が多く、心配した親から小学校、中学とソフトボール部と野球部に加入を強制。

(自分自身で興味がない事は、いつまでたっても上達しません。)

・高校では塾には通わず、1人図書館で英語の学習を楽しむ。

・大学ではボンティアサークルに所属しつつ、お金を貯めて1人で旅行へ行くことが増加。

・サービス業をはじめ、様々なアルバイトを経験。サービスをする側の気持ちがわかるように。

・大学3年時に税理士試験に1科目合格も、当時税理士に興味はなく、地元の信用金庫に入庫。

2005年(金融機関へ就職)~2007年9月まで

・金融機関では渉外担当に配属され、預金全般、事業性融資、投資信託や保険などの金融商品販売に従事。

・法人や個人事業主の事業性融資全般、住宅ローン、相続物件融資(いわゆる箱物融資)を経験。

・銀行同士の過度な金利競争は、不適切な融資を繰り返す事に気付く。

・上司の人を見る力量次第で、部下の能力は大きく影響を受ける事を悟る。

・税理士試験を受験していたこともあり、2年半で退職。

2007年10月(税理士事務所へ就職)~2012年12月(税理士資格取得)まで

・2007年10月、最初に就職した事務所では、記帳代行や月次監査をはじめ税理士業務の基本を学ぶ。

・2010年9月、2つ目に転職した事務所では、大法人の子会社決算(四半期や本決算)、医療法人、中小法人の清算や

 会社再編、法人設立等を中心に学ぶ。

・製造業、飲食業、不動産業、建設業、派遣業、保険代理業、卸業、美容院、医療法人、居宅介護、幼稚園、塾、ジム、輸

 出入業など、多くの業種の税務申告を経験。

・2012年12月に税理士資格を取得するも、自分の将来が定まらず、その後5年間未登録で過ごす。

・合格して即座に税理士登録するという、王道的な考えはありませんでした。

・資格取得後は多くの国へ行き、いろいろな考え方や生き方があることに気付く。

2013年1月~2019年4月(開業まで)

・2017年10月 金融機関退職&税理士業界10年ということで税理士登録。

(金融機関勤務時の当時の上司と、10年がんばれ!という約束をしていました。)

・2017年12月 税理士登録と同時に滋賀県へ転居して開業を決意。

・2018年3月 Wordpressにてブログ「サラリーマン税理士の独立開業ブログ-台湾をこよなく愛するサラリーマン税理士

 が独立をもくろむ-」を開始。

・2019年4月 滋賀県草津市にて独立開業

得意な仕事

基本的には、税理士に頼らずお客様自身で経理ができることを最終目的としています。

・法人税全般業務 (設立から申告まで)

 新設法人の場合は、消費税のシミュレーションまで幅広く

・中小法人の会社清算・再編

 清算or再編して会社を立て直しましょう

・個人の所得税確定申告全般

 株式や公社債の配当金や売却関連は国保や医療費まで試算が得意です

・個人の副業関連

 仮想通貨、民泊、個人輸出(せどり)、アフィリエイト、ネットオークション、ネットショップなど

・クラウド会計により業務効率化

僕の性格

性格は第3者が判断するものであり、自分で認識することではありません。

好きなこと

  1. 海外旅行 (日本とは異なった価値観を垣間見ることができます)
  2. 台湾旅行 (主に東部の花蓮と台東が大好きで訪問します)
  3. 台湾ブログの作成 (個人ブログでは台湾の旅行先を記事にしています)
  4. ネガティブ思考 (ポジティブ思考ばかりが溢れるなんて不自然です)
  5. 空港 (国籍が異なる人々が集まる空間って奇跡に感じます)
  6. 焼菓子作り (台湾茶やスパイスを使ったお菓子が得意です)
  7. ドラゴンクエスト (冒険の進捗に個性が表れます)
  8. ジム・水泳 (水泳はゆっくり2ビートクロールで泳ぎます。継続が大切です)
  9. 英語の勉強 (聞き取りは苦手、話したり書いたり読むのは得意です)
  10. 1人の行動 (1人での外出、カフェ、買い物、海外旅行が好きです)
  11. 海外の書籍の購入 (旅行の時に購入。現地本でしか収集できない情報があります)
  12. ポストカードの収集 (旅行の時にわんさか買います)
  13. 訪問した様々なお店・施設の名刺収集 (人の記憶に残る仕事って凄い)
  14. 陶器の収集 (ぬくもりのあるお皿やカップっていいです)
  15. 写真撮影 (旅行先、日常の様子、道端の植物、光、建物など今を写す事が魅力)
  16. 料理 (料理は道筋を整える行為、相手のことを推し量る行為だと考えています)
  17. アロマ精油 (天然の芳香威力には、人工物にはない威力があります)
  18. デザインと配色の勉強(世の中はカラフルです。)
  19. ボーカルがない音楽の中で仕事(音楽がリズムを整えます)
  20. 静岡(離れてみてようやく静岡の良さがわかります)
  21. 業種が異なる事業主のHPを読む(感覚が異なります)
  22. 負の感情 (人間らしくていいじゃない)

苦手なこと

  1. 集団や群れる文化 (空気を読む文化には疲れます)
  2. 袋叩きにする文化 (誰も他人の生き方を批判する権利はありません)
  3. キラキラ充実SNS (ネガティブジトジトSNS発信もあれば自然です)
  4. 社交辞令 (本心を隠してもお互いいい事ありません)
  5. 改善案を伴わないミスのみの指摘 (文句だけ言うのはよくわりません)
  6. 初心者をバカにする事 (誰でも最初は1年生です)
  7. 店員に怒る人 (サービス提供側にも事情があります)
  8. バスの乗り方(地元ですら迷います。京都のバスは本当に難解です)
  9. 毎回遅刻する人 (あと10分早く時間を早めればいいのに)
  10. ラッシュ時の無理に右折する車 (それ自体が交通渋滞の原因になります)
  11. 重箱の隅をつつくこと (それよりももっと大切なことがあります)
  12. 雷 (宝くじが当たる確率よりも落雷の方が確率が高いって、大学の時に習いました)
  13. アンバランスなダイエット (人生と同様何でもバランスが大切です)
  14. 電子書籍 (本は紙で読んだ方が好きです)
  15. ケチばかりつけること (それでは何もできません)
  16. 多すぎるキャッシュレス手段 (多すぎる選択も問題です)
  17. 旅行者の大型荷物を嫌がる乗客 (それが旅行というものです)

台湾で行った場所

台湾関連を記事にしています。

台湾旅行に関してはどんな税理士さんにも負けない自身があります。

右のボタンはブログにジャンプします。      台湾の名店 

北部

台北、基隆、桃園、新竹、苗栗、

中部

台中、彰化、龍泉、斗六、西螺、嘉義、日月譚、雲林

南部

台南、高雄、鳳山、九曲堂、屏東、

東部

礁渓、羅東、花蓮、吉安、志学、寿豊、豊田、鳳林、光復、富源(目的未達成)、瑞穂、玉里、池上、鹿野、台東、都蘭、

金樽、三仙台、太麻里、知本  

台湾ベスト1

台東県鹿野。

有名な鹿野高台と名物の紅烏龍と蜜香紅茶。

鹿野の険しい自然と戦前日本の歴史。

台湾に行ったら、鹿野へ行きましょう。

鹿野自然

鹿野自然

蜜香紅烏龍アイス

蜜香紅烏龍アイス

鹿野 パイナップル畑

鹿野 パイナップル畑

TEL 080-5113-2670土曜・日曜・祝日も柔軟に対応いたします。

お問い合わせはこちら リラックスしてお尋ねください。