フリーランスのブログ運営費を必要経費にする時の判断基準

個人事業主にとって、webサイトの活用は今や常識的な時代。

広告宣伝効果を狙い、HPやブログ運営を行う方は多くいらっしゃいます。

 

僕自身も今のところ、独自ドメインを2つ保有しています。

1つ目は、当税理士事務所のサイト 

遠藤隆介税理士事務所 → https://ryuchan-tax.com/

 

そして2つ目は、一応は広告宣伝の為の個人ブログのサイト  

元サラリーマン税理士の独立開業ブログ → https://ryusuke-tax.com/

 

税理士事務所のサイトは、2019.04に開業してからアップ。

個人ブログのサイトは、独立前の宣伝も兼ね2018.03にアップ以来、毎日更新しています。

 

前者の投稿内容は、全て税務関係一色。

また後者においては、税務関係の投稿が時々あるものの、その殆どは自分という人間を知ってもらう事が目的です。

(最近ますます趣味的嗜好が強くなっています。)

 

この2つのブログ運営。

どちらも税理士業務の宣伝を兼ねていますし、個人ブログの方も税理士業務のリンクやボタン、RSSを付しています。

 

しかし、それなりに費用が発生しています。

 

この2つのブログ(サイト)運営費用は、税理士業務の経費でしょうか?

それとも、50%などで按分して経費とすべきでしょうか?

 

今回は、僕自身を事例にして考えましょう。

(※事務所HPの税務記事は内容が税務というだけであり、純然たるブログです。)

 

painted by Ryusuke Endo

個人ブログ運営にかかる費用

個人ブログでワードプレス等を利用する場合、必ず費用が発生します。

年額換算すると、それなりの金額に。

 

僕はサーバーをさくらインターネット、web作成をワードプレスを使用しています。

僕のブログ運営に係る費用は、主に次のようなものです。

 

◇ 僕がブログ運営で支払っているもの ◇

・レンタルサーバー代金

・ドメイン取得費用、更新料

・ワードプレス有料テーマ、プラグイン

・記事作成の為の取材費、旅費、物品購入代、書籍代、飲食代

・レビューの為に商品購入代、飲食代、旅費費用

・PC、プリンター等の周辺機器購入代金

・バックアップ用のクラウドストレージ料金

・web関連のセミナーや講習会参加費

・その他web関連の参考書

 

年間合計すると、日本 ⇔ 台湾をLCCで往復できる程度の金額を超えてきます。

上記運営費用について、税理士業務の経費か否か考えてきます。

ブログ運営費を経費とする時の考え方

ブログ運営費用を経費とみなすポイントは2つだけです。

全ての経費に該当する基本的な考え方は、自分自身で自信をもって、

1、業務(売上をあげる為)に直接関連しているかどうか?

2、業務に関連し、プライベート部分と明確に分ける事か可能か?

と断言できるかどうかです。

 

「完全に仕事の記事しか書いていない!」と自信がある場合は、1で判定してもよい

でしょう。

 

「ちょっと個人的な要素もあるかな?」という場合には、必ず2で判定します。

 

上記の事を踏まえ、僕の2つのサイトについての経費性を判定します。

なお、経費性の判定は、サイト運営者本人のみ判断可能です。

最終的には運営者本人が、その経費性の判断を行いましょう。

事務所HP運営費用の経費性について

僕の事務所HPとそのブログ記事の特徴は次の通り。

・HPのメニューは全て税理士業務関連

・ブログの記事は全て税務関係であり、個人的要素は一切なし

・個人的要素は、個人ブログ(もう1つのサイト)へのリンクとRSSのみ

・HPから問い合わせがある

・ブログ作成の為、税務書籍を購入している

 

僕は事務所用のブログ運営費用については、その全額を経費とします。

その主な理由は、

・投稿内容やHP上にプライベート要素が全くない事

・仕事用サイト(事務所HP)と個人用サイト(個人ブログ)を分けている

という2点です。

 

税務関係ブログの投稿をしているものの、サイト自体は法人同様の企業サイトと同様です。

投稿内容に個人的な要素は一切なく、プライベート部分は一切ありません。

 

HPからは相談業務の問い合わせがあり、確かに業務(売上の為)に直接関連しています。

税務ブログの内容は宣伝効果を期待し、その為に必要な税務関連書籍も購入してます。

 

個人的要素が全く介入していない為、

「業務(売上をあげる為)に直接関連しているかどうか?」

という点で判断すると、ブログ運営費用の全額が事業の経費となると思われます。

個人ブログの経費性について

一方、個人ブログとその記事の内容は下記の通りです。

記事は個人的な趣味や嗜好(台湾関係)による部分が多い

・税務関連の記事や専門的な記事(確定申告関係)もある

・ブログからの相談の問い合わせもある

・画像はプライベート旅行を利用している

・税務関連記事は時々書く程度である(ここ最近は月1回程度)

・仕事の宣伝効果を兼ねている

・ブログの雰囲気が個人的思考が強い

・どんな人間か知ってもらうために書いている

 

僕は個人ブログの運営費用については、その全額を経費としません。

その主な理由は、

・投稿内容の殆どが趣味嗜好が強い事

・投稿内容は税理士業務と関係ない事が多い

・税務関係記事の投稿がそれほどない事

・自分を知ってもらう投稿は業務に関係ない

という点です。

 

僕の個人ブログのドメインは、1つのサイト内で、「個人ブログ」と「業務関係部分」が同一となっています。

 

事業とプライベートが混在している為、

「業務に関連し、プライベート部分と明確に分ける事か可能か?」

という点で判断します。

 

確かに個人ブログは、自分の人間性の紹介と、業務の宣伝効果を兼ねています。

現に確定申告関連等の記事も書いており、問い合わせをいただいた事も。

 

しかし、投稿記事の内容は個人的な考え、趣味嗜好の部分が大半を占めます。

宣伝効果を兼ねてプライベート要素を取り入れていますが、個人の趣味嗜好は業務に必要不可欠とは言えません。

 

趣味嗜好を取り入れなくても、業務を行う事は可能です。

2019.09時点は税務記事の投稿は殆どなく、趣味の台湾関係や個人的な考え方等が殆ど。

 

よって、僕の個人ブログは

その殆どがプライベート要素が強く、業務に関連しているとは言えないと判断しています。

 

業務に関連していれば、事業割合(例えば50%など)により、経費とする考え方があります。

しかし、業務に関連していないと判断するのであれば、ブログ運営費の全額が必要経費になりません。

ブログ運営費用を経費にできる場合

僕は事務所HPと個人ブログを分けている為、結果的に個人ブログの方は経費としません。

しかし、仕事用のサイトとして、個人ブログを利用される方も多くいらっしゃいます。

 

フリーランスの方では、しばしば下記のようなブログ運営をされる方がおります。

そしてそれらの殆どは、事業の経費となると思われます。

 

◇ フリーランスの個人ブログで経費となると思われるもの ◇

・飲食業運営者が行う、自店のメニューや食材の紹介をしたり、出張先での食材を紹介す

 る投稿。

・デザイナーが行う、自作品の紹介や販売宣伝の為の投稿。

・料理教室経営者が行う、調理法やレシピ、料理、栄養学その他食関連の投稿。

・旅行ライターが行う、各旅行関係の記事の投稿。

・カメラマンが行う、被写体や作品の投稿。

・士業が行う、法令の考え方や適用関係、注意点の投稿。

・フリーライターが行う、取材先の投稿

・花屋が行う、おすすめの花や観葉植物の育て方の投稿

・美容師が行う、最新のヘアスタイルの投稿

・メイクアップアーティストが行う、メイクの投稿

・医師が行う、健康関連や病気防止関連の投稿

・インストラクターが行う、健康法関連の投稿  などなど

 

ブログ運営費を事業の経費とすべきポイントは、

投稿内容の殆どが事業と関連性があること

記事の投稿内容が集客を図る目的であること

といった2点です。

 

上記に共通している事は、その投稿内容が自身の業務に関連する内容である事です。

投稿記事の殆どが、「自身の業務に関係する内容」であれば、ブログ運営費は業務に関連していると言え、事業の経費と考えられます。

ブログに事業主の嗜好がある場合は按分が必要

しかし、投稿記事に業務外の内容が含まれている場合(プライベート要素)、注意が必要です。

投稿内容の多くが自身の業務に関連しているものの、自身が感じた思いや日常を投稿する方も少なくありません。

 

その場合には、必ず事業とプライベートで按分計算を行います。

 

webの投稿記事だけでは事業主のプライベートが見えずらい場合、事業主の紹介を兼ねて、敢えてプライベート部分を投稿する人も少なくありません。

投稿内容が事業に関連する部分とプライベート要素部分との半々の場合、業務部分とプライベート部分とに明確に分ける事が必要です。

 

「明確に〇〇%が業務部分だ!」判断できない時は、ブログ運営費の半分だけを、事業の経費とする事がいいのかもしれません

ブログ運営費を経費にできない場合

自身の業務関連の投稿をしているものの、プライベートな投稿が多い場合は、その経費性が疑われます。

個人の趣味嗜好が強い場合、例え50%で按分しても、認められない事も。

 

その良い例は、僕の個人ブログです。

その要因としてあげられる点は、

・業務に関連しない記事(個人的な趣味や嗜好、思考)が大多数

・税金関係の記事は時々、ちょっとだけアップしている

といった2点です。

 

僕は毎日投稿していますが、税金関係の投稿は、せいぜい多くて1か月に1度程度です。

確かにHP上では税理士事務所のリンクや、商品メニューを備えています。

 

しかし、1か月の内、30/31が税金関係以外(台湾旅行など)の場合、到底事業に関連しているとは言えません。

そして、個人の趣味嗜好が強い為、事業の必要経費とするには難しくと思われます。

 

ブログ運営費を経費にする場合のまとめ

プログ運営費を経費とする場合、下記の点について十分勘案し、経費性を判断しましょう。

・投稿内容は業務に関連しているか → 経費になる部分があるかもしれない

・投稿内容に100%業務に関連するものだけ → 事業経費

・投稿内容に個人的要素も含まれる → 按分して事業経費(例えば50%)

・投稿内容の殆どが個人的要素 → 全て事業経費にできない

まとめ

フリーランスの方で、個人ブログを運営されている方は大勢います。

自身の宣伝広告を兼ねての事ですが、事業に関連がない投稿が多くを占める場合、やはり事業には関係がないのでは?

といった疑念が生じやすくなります。

 

その場合には、家事関連費とするのが無難だと考えられます。

また、事業主自身の紹介の為、プライべート関係を投稿する事も自然な事です。

投稿内容にプライベート部分が含まれる場合、事業部分とプライベートとの按分に注意しましょう。