看板の耐用年数

街へ一度出かけると、多くの看板が目に入ります。

ご商売をされている多くの方が、広告宣伝の為、看板を製作されています。

事業者にとって、看板は言うまでもなく「資産」に該当します。

しかし、僕自身、会計科目や耐用年数を判断する際、迷う事が多くありました。

 

「袖看板」「立看板」と言っても、いまいちどのような姿形がピンとこない事もあります。

また、耐用年数表には「看板の種類」までは、詳しく記載がされていません。

 

そこで今回は、看板の姿形に合わせた会計科目、耐用年数について紹介いたします。

all paints by Ryusuke Endo

看板の耐用年数

教科書通りの看板の耐用年数については、下記の通りとなっています。

しかし、看板の種類を言われても、どのような看板なのか、わからない事があります。

種類勘定科目構造細目耐用年数
野立看板構築物広告用のもの金属orその他

20年(金属)

10年(その他)


屋上塔屋看板構築物広告用のもの金属orその他

20年(金属)

10年(その他)


広告塔構築物広告用のもの金属orその他

20年(金属)

10年(その他)


立看板(スタンド看板)器具備品看板及び広告器具看板、ネオンサイン3年
ネオンサイン、電飾看板器具備品看板及び広告器具看板、ネオンサイン3年
マネキン看板器具備品看板及び広告器具マネキン人形2年
袖看板付属設備前掲以外主に金属orその他

18年(金属)

10年(その他)

突き出し看板付属設備前掲以外主に金属orその他

18年(金属)

10年(その他)

(by Ryusuke)

看板の勘定科目の判断基準

上記より、看板の勘定科目を決定する場合は、

「付属設備」、「構築物」、「器具備品」のいずれかとなります。

そしてその判断基準は、下記の3つの要素です。

建物に付いているか?

2、地面に付いているか?又は屋上に付いているか?

3、自由に持ち運び(移動)ができるか?

 

建物に付いていれば、「付属設備」。

地面や屋上に付いていれば、「構築物」。

自由に移動が出来れば、「器具備品」です。

では、実際の看板について紹介します。

器具備品の看板 耐用年数3年

「器具備品」かつ「耐用年数3年」の看板は、次のような看板です。

飲食店の入り口で、よく目にすることが多いと思います。

 

 

突風などで倒されないよう、看板の脚には重しがあります。

自由に移動が可能な看板です。

 

 

また、雑貨屋や美容院などでは、木製や手書きの看板も目にします。

これらも当然、持ち運びが可能です。

 

 

これらの看板は、持ち運びや移動が自由のある為、

「器具備品3年」に該当します。

器具備品の看板 耐用年数2年

「器具備品」かつ「耐用年数2年」の看板は、次のような看板です。

マネキン人形なので、すぐに判断がつきます。

 

 

マネキン人形も、持ち運びが可能です。

 

これらの看板は、マネキン(人形)に該当し、

器具備品2年に該当します。

構築物の看板 耐用年数20年

「構築物」かつ「耐用年数20年」の看板は、次のような看板です。

地面から生えているような広告塔です。

商店が並ぶ通りでは、比較的よく見られる看板です。

 

 

金属製か?それとも以外か?が不明な事がありますが、

風雨に耐える設計である為、金属製がある事が多いと思われます。

 

 

また、こちらはビルが立ち並ぶ街中でよく目にする屋上広告塔です。

 

 

これらの看板は、地面(若しくは屋上)と接合しており、持ち運びが出来ない為、

構築物20年に該当します。

付属設備の看板 耐用年数18年

「付属設備」かつ「耐用年数18年」の看板は、次のような看板です。

街中や商店が並ぶ通りなど、至る所で目にすることが出来ます。

 

 

建物から突き出しているものの、建物と接合している事がわかります。

 

 

また、建物の壁に埋め込まれている看板もあります。

突き出し看板よりも、埋め込み看板の方が多いのかもしれません。

 

 

これらは建物と接合し、持ち運びが出来ない為、付属設備18年となります。

まとめ

看板については、

1、建物に付いているか?

2、地面に付いているか?又は屋上に付いているか?

3、自由に持ち運び(移動)ができるか?

などの要素が判断出来れば、会計科目は比較的判断が容易です。

 

また、風雨にも耐える付属設備、構築物の看板については、金属製である事も多いようです。

「金属製か?」「それ以外か?」という部分について不明である場合、

看板製作会社へ伺うことをお薦めします。